Edona Energy Solutions
最小限のノイズの風力発電システムは
商用および住宅用建物に設置が可能
 

支柱などを使用せずに建物に設置されビル風の効果を最大限活用
するシンプルなメカニズムの建物統合型の風力発電システム。

 


 
建物の屋上や側面に設置された場合には、出力が風速の3乗に比例
(P= ½ ρAVᶟ)して、元の風の3倍以上となる風力効果(建物の断面の
集風効果)により、安価に電力を供給することが可能。
 
1 m/sec cut-in wind speed
 
複数の支柱によって構成される構造により、強風に対する
耐久度も高くなり、軽い素材のブレードを採用することで軽量化し、
建物に対する負荷も少なくなる。 さらに、建物に電力を供給する独立
したシステムとして作動すると共に、電力系統との連携も可能である。
 
*Cut-in Wind Speed: 発電に必要な最低風速
 
"最小限の風の抵抗の高いエネルギー変換効率" (E) とポールまたは
タワーなして、ビルなどの屋上や側面に設置することで、建物の断面の
"集風効果を最大限活用"(B)し、元の風の3倍以上となる風力エネルギー
を提供する「建物総合型独立電力システム」として、1 m/secからの風速
での発電を提供。日本のどこでも1年を通してほぼ毎日発電が可能。
 

平均風速と風力発電

 
東京
1951 - 2019 年間の平均風速
 
フレキシブルなデザイン


 
柔軟な形状・サイズ、複数台のスタック設置などが可能なフレキシブル
なデザイン性、軽量化構造により、様々な建物・ 施設に簡単に
設置することができ、制約のあるスペースを効率的に活用。
 

建物統合型の風力発電システムは、
建物に横向きにも縦向きにも取り付けることが可能。

 
経済的なソリューション
 
 

大型の風力発電機では部品の数が多く、部品の摩擦や熱で劣化する
ことにより設置後のメンテナンス費用が高くなるが、本風力発電シス
テムでは、シンプルな設計により部品の数が少なく、また部品同士の
摩擦が少ないことにより、メンテナンスを必要とするまでの運用期間が
長くなる。その結果、システム本体のコストの低さに併せて、
メンテナンスストも低く、長期にわたる運用コストが大幅に低くなる。

 
  OCEAN CURRENTS   VIBRATION CONTROL  
 
   
COPYRIGHT Ⓒ EDONA INC. ALL RIGHTS RESERVED